【開運カレンダー】
9月のカレンダー「重陽の節句」

 9月7日は白露(はくろ)。白露は二十四節気の一つで、大気が冷えてきて、夜に露が出来るようになる頃とされます。秋がだんだんと深まっていきます。

 そして、9月9日は重陽(ちょうよう)です。
 古来、陰陽道では、季節の変わり目を節句と呼んで、邪気を祓うための神事を行いました。特に重要視されたのが、月日で奇数の重なる日の「五節句」です。1月は本来なら1月1日なのですが、元日が特別な日のため、7日になりました。
 
 1月7日 人日(じんじつ) 七草の節句
 3月3日 上巳(じょうし) 桃の節句
 5月5日 端午(たんご)  端午の節句
 7月7日 七夕(しちせき) たなばた
 9月9日 重陽(ちょうよう)菊の節句

 中でも、陽の数(奇数)で最大の9は一番大きな気を持っているとされ、宮中などでは、菊の花を浮かべた菊酒を飲んだり、菊花に付いた朝露で肌を拭ったりして災厄を祓う「重陽の節句」が行われてきました。現在でも、各地の神社で重陽の神事が行われます。

 菊には邪気を払う力があるとされ、古くから薬草としても使用されてきました。
 菊の花は天皇家の家紋にもなっています。菊紋は鎌倉時代の後鳥羽上皇が初めて使い始め、これをきっかけに観賞用の菊の栽培が広まったとされます。

20170827_P9099548


9月1日(金)
二百十日

9月1日(金)〜3日(日)
越中八尾 おわら風の盆[富山県富山市八尾町]
 二百十日の大風をおさめ、五穀豊穣を祈る盆踊り。胡弓や三味線が奏でる「おわら節」に乗せて、3日間舞い通します。

9月5日(火)
一粒万倍日*

9月6日(水)
満月

9月7日(木)
白露

9月9日(土)
重陽の節句
上賀茂神社 烏相撲(からすずもう)[京都府京都市北区]
 重陽神事に引き続き、児童による相撲を奉納します。上賀茂神社は神武天皇を導いた八咫烏(やたがらす)を神の使いとしており、相撲の前に刀禰(とね)と呼ばれる人がカラスの真似をします。

9月11日(月)〜21日(木)
芝大神宮 例大祭(だらだら祭り)[東京都港区]
 港区の芝大神宮の例大祭。期間が11日間と長いために「だらだら祭り」と呼ばれ、期間中、ショウガの授与や生姜市があるため「生姜祭り」という別名もあります。17日(日)には各町連合渡御が行われます。

9月13日(水)
一粒万倍日+大安*

9月13日(水)〜17日(日)
藤崎八旛宮 例大祭[熊本県熊本市]
 1000年以上の歴史を持ち、熊本大鎮守である藤崎八旛宮の例大祭。17日の神幸式ではお神輿を守るように、隨兵行列や飾り馬が進みます。

9月14日(水)〜16日(土)
鶴岡八幡宮 例大祭[神奈川県鎌倉市]
14日は宵宮祭。15日にはお神輿の神幸祭と八乙女の舞、16日に流鏑馬神事と鈴虫放生祭が行われます。

9月15日(金)
増上寺 正五九黒本尊祈願会[東京都港区]
 増上寺の安国殿に安置されている「黒本尊阿弥陀如来」は、徳川家康公の念持仏で、幾多の戦いを勝利に導いたとされます。正五九黒本尊祈願会(しょうごく くろほんぞん きがんえ)は、年に3回あるご本尊御開帳の祈願法要です。

石清水八幡宮 勅祭 石清水祭[京都府八幡市]
 昨年、国宝に指定された石清水八幡宮本社。貞観5年(863)から始まるとされる石清水祭は、天皇の使者(勅使)が派遣される祭祀の勅祭(ちょくさい)であり、京都・賀茂神社の葵祭、奈良・春日大社の春日祭とともに日本三大勅祭の一つとされます。古式豊かな儀式が行われます。

9月16日(土)〜17日(日)
岸城神社 例大祭(岸和田だんじり祭)[大阪府岸和田市]
 岸和田城下総鎮守である岸城神社(きしきじんじゃ)の例大祭(岸和田祭)。「だんじり(地車)」(西日本での山車の呼び方)を豪快に引き回します。

9月18日(月・祝)
敬老の日
一粒万倍日+天赦日*
 一粒万倍日と天赦日が重なる大幸運日。

波切神社 わらじ祭[三重県志摩市]
 約3mもの大わらじを作り、神社でのわらじ曳き神事の後、大王の沖に向かって大わらじを流します。会場は大王崎の波切(なきり)神社・須場の浜。江戸時代後半の民話では、大わらじを流すことで「大きな大男がいるぞ、近づくな」とダンダラボッチを脅す意味があるそうです。

9月20日(水)
新月
彼岸入り

9月22日(金)〜23日(土・祝)
晴明神社 晴明祭[京都府京都市上京区]
 平安中期の陰陽師、安倍晴明をご祭神とする晴明神社。秋分の日の例大祭では神輿渡御があり、前夜の宵宮祭では古式豊かな「御湯立神楽」が奉納されます。

9月23日(土・祝)
秋分の日
彼岸中日

9月23日(土・祝)〜24日(日)
大原はだか祭り[千葉県いすみ市]
 23日(土)の神輿渡御では、大原海水浴場に大原地区や近辺の神輿10数基が集結。海で神輿を激しくもみ合い、五穀豊穣と大漁を祈願する「汐ふみ」が行われます。

9月25日(月)
一粒万倍日*

9月26日(火)
彼岸結願

9月30日(土)
一粒万倍日*
若宮八幡宮 ヤッサ祭り[群馬県利根郡みなかみ町]
 400年の伝統を持ち、五穀豊穣や水害除けを祈願する奇祭。ふんどし姿の若者たちが練り歩いたり這い回った後、社殿の大鈴をもぎ取ります。


* 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび):暦上、開店や出資など物事を始めるのに良いといわれる日。
* 天赦日(てんしゃにち):日本の暦の上で最上の吉日。
  不成就日:暦上、物事を始めるのに良くないといわれる日
(2017年9月は1日、9日、17日、21日、29日)