【開運歳時記】
お盆

20170813_2100261


年に一度、ご先祖様があの世から帰ってくるお盆

 8月15日はお盆です。お盆は年に一度、家に戻ってくる祖先の霊を祀る夏の行事ですが、日本に昔からあった祖霊信仰と、奈良時代に伝来した仏教行事が融合したものです。
 元々は旧暦(太陰暦)の7月15日を中心に行われていましたが(旧盆)、今は太陽暦の8月15日を中心に13日〜16日のことが多くなりました(地域によって異なります)。

 仏教では、お盆の正式名称は「盂蘭盆(うらぼん)」と言います。この語源はインドの「ullambana:ウランバナ」で、餓鬼道(がきどう)に落ちてしまった亡者のために仏事を営み、苦しみを取り除くことでした。
 中華圏では、旧暦7月は「鬼月」であり、1日に地獄の蓋(ふた)が開き、15日(中元節)に閉じるという道教の教えが広まっています。このため台湾や香港などでも、この期間は先祖供養の行事が行われます。


お盆の一般的なやり方

●盆棚
 お盆の前に仏壇を掃除し、仏壇前に盆棚(ぼんだな)あるいは精霊棚(しょうりょうだな)を設け、盆提灯を用意します。
 盆棚には仏壇から出した位牌や仏具、お供えのほか、キュウリやナスで動物を真似た「精霊馬(しょうりょううま)」を飾ります。これは、この世とあの世を行き来するための乗り物です。ちなみに、キュウリは足の速い馬で「あの世から早く帰ってきますように」と、ナスは歩みの遅い牛で「あの世に帰るのが少しでも遅くなりますように」という願いが込められています。
 地域や宗派によって飾り方や供物が異なりますが、要はご先祖様を迎える気持ちが大切です。できる範囲で行いましょう。

●迎え火
 まずお墓参りを済ませます。
 13日夕刻、庭先や玄関先で、麻幹(おがら)を折って積み重ね、火をつけて焚きます。これが「迎え火」で、ご先祖様が戻ってくる目印となります。
 正式には、焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの皿の上で、麻幹を炊きます。なければ、要らない皿や灰皿などを使いましょう。スーパーなどで送り火セットを売っていることもあります。
 麻幹は、皮をはぎ取った後の麻の茎のことで、乾燥させているためすぐ火がつきます。麻幹が燃え尽きたら、水をかけて、ちゃんと消えたのを確認しましょう。
 集合住宅では玄関先で火を燃やすことは難しいかもしれません。マンション規約などにご注意ください。

●送り火
 15日夕刻または16日夕刻。送り火と同じように麻幹を焚きます。これが、戻っていくご先祖様を送る「送り火」です。
 京都の五山送り火のように、大掛かりに野火を行うところもあります。

 また地方によっては、火を灯した灯籠・灯篭(とうろう)を川や海に流す「灯籠流し」を行います。これも送り火の一種ですが、お盆の時以外でも行われることがあります。
 8月15日に長崎県各地で行われる「精霊流し(しょうりょうながし)」も死者の魂を弔う行事ですが、賑やかな鉦(かね)や爆竹が鳴り響く中で、大きな精霊船や供物を海へ流したりします。

●新盆・初盆(にいぼん、ういぼん)
 亡くなった方が四十九日を過ぎ(忌明け)、初めて迎えるお盆を新盆(初盆)と言います(四十九日が明けていない場合は翌年)。
 新盆は普段のお盆とは違い、本格的な法要なので、僧侶を招いて読経してもらいます。親族や親しい人を呼び(通夜と葬式の会葬者名簿を参考にするといいそうです)、終わったら一同で会食し、参列者に盆返しを渡します。


昔からお盆は人々の楽しみだった

 江戸時代、田舎を離れて商家で働く奉公人たちは、1月15日(小正月)と7月15日(お盆)の年2回だけ、実家に帰ることができました。これを「薮入り(やぶいり)」と言います。
 主人は、この日に合わせて着物を新調したり小遣いを渡して、故郷へ送り出したそうです。帰ればお盆の行事や夏祭りも待っています。奉公人たちにとってはさぞ楽しみだったことでしょうし、その様子は落語にもなっています。
 現代でも、会社や商店の夏期休暇がお盆の時期に集中しているのは、この薮入りの名残と考えられます。

 そして、夏のお祭りに欠かせないのが盆踊り。これも元々はお盆の行事です。全国各地に独自の曲や振りをつけた盆踊りがあり、重要無形民俗文化財になっているものもたくさんあります。
 日本三大盆踊りというと、徳島県の阿波踊り、秋田県の西馬音内盆踊り、岐阜県の群上八幡盆踊りと言われます。
 また、富山県富山市八尾地区で行われる「おわら風の盆」は、9月1日から3日の3日間、明け方まで踊り続けることで有名です。
 ちなみに、沖縄県のエイサーも祖先の霊を送迎するための踊り。七夕、秋田竿燈まつり(8月3日〜6日)などの夏祭りも、お盆を起源としています。
 今では法要というより、町内会の親交、地域活性化のイベントとしての意味合いも強くなっています。

 夏のお祭りに合わせて、故郷に帰る人も多いことでしょう。
 お盆は、仏教の宗派、地域によってさまざまな形があります。それは昔からの生活と密接に関係した風習だからなのです。