【開運さんぽ・神社仏閣】
深川不動堂と富岡八幡宮の改装


深川不動堂の新本堂前に翼殿が完成

 去る7月8日(金)、門前仲町へお参りに寄りました。
 深川不動堂では、納札所のあった場所を改装し、翼殿建立の工事が進んでいます。お正月時の混雑解消のためだそうです。
 新本堂とつながった大屋根がもう完成し、それに伴い、本堂正面にあった総合受付所が独立。その跡はまだ工事中です。


20170716_P7083950

20170716_P7083940

20170716_P7083945


深川八幡祭りに向けて社殿の塗り替え中

 一方、富岡八幡宮では7月下旬まで、社殿の塗り替え工事が行われています。
 社殿に足場が組まれ、シートで包まれているため、外観を見ることはできません。正面にあった賽銭箱は入って左側に移動し、そこで参拝できるようになっています。
 合わせて、境内の授与所や大鳥居もお色直し中。
 今年の深川八幡祭り(例祭)は3年に一度の本祭り。8月12日(土)の神幸祭や、13日(日)の神輿連合渡御では、美しい姿を見せてくれるでしょう。


20170716_P7083952

20170716_P7083962

20170716_P7083966