【開運さんぽ・仏閣】
浅草寺の花まつり


●お釈迦様の誕生日を祝う花まつり
 お釈迦様(ゴータマ・シッダッタ)が生まれたのが、今から約2500年前の旧暦4月8日。それを祝う花まつりが、毎年4月8日に全国のお寺で開催されます。正式には灌仏会(かんぶつえ)といい、降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)などさまざまな別名があります。

 日本の多くのお寺では、花で飾った花御堂(はなみどう)の中に灌仏桶を置き、その中央に誕生仏像を安置。灌仏桶は甘茶で満たされており、その甘茶を柄杓で仏像にかけてお祝いします。
 これは、お釈迦様が生まれたとき、産湯を使わせるために龍王が甘露の雨を降らせて祝福したという故事によります。
 また、お釈迦様は生まれるとすぐに四方に7歩歩み、、右手で天を指し,左手で地を指して「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と唱えたとされます(「我は世界のうちで最もすぐれた者である」という意味)。この姿を模したのが誕生仏、あるいは誕生仏像です。
 そのほか、甘茶を飲んだり、お寺によっては稚児行列なども行われます。

P4082472

P4082465
 

 「花まつり」という呼び方は、実は新しいもの。浄土真宗の僧侶、安藤嶺丸が大正5年に花祭りとして始めたのがきっかけです。折しも桜の季節でもあり、「花まつり」という呼称が全国に広まっていきました。



●満開の桜も小雨に濡れて
 今年の東京のソメイヨシノは、先週満開宣言があったものの、その後の気温が低く、8日でもほぼ満開。前日から小雨が降るあいにくの天気でしたが、浅草寺へ参拝に行ってきました。

P4082542


 お祭りなので境内には沢山の露店が出ており、雨の中でもすごい人出。そのほとんどが外国人観光客の方々なので、週末ということはあまり関係ないかもしれません。
 仲見世を抜けたところの宝蔵門に花御堂が1つ置かれていました。観光客の皆さんが興味深く群がり、楽しそうに甘茶をかけていました。

P4082446

P4082451

 
 本堂では仏生会法要が終日行われ、こちらにも花御堂が置かれていました。甘茶の接待もあったようですが、ちょうど終わったばかりの様子で残念。
 浅草というと隅田川の両岸が桜の名所として有名ですが、浅草寺や浅草神社の境内の桜も見事です。雨も途中で上がり、ひと時、花曇りの花見を楽しみました。

P4082507

P4082485

P4082535

P4082525

P4082558